育毛剤で抜け毛予防

男の人

育毛剤の注意点

加齢、ストレス、ホルモン、生活習慣、冷え性などが原因で薄毛になります。薄毛を予防する効果があるのが育毛剤です。いまはインターネットや薬局などで沢山の最新育毛成分配合の育毛剤が売られています。ただし、育毛剤は使用のしかたを間違えると薄毛が悪化したり、副作用が出たりすることがあります。特に医薬品の育毛剤の場合、人によって身体や頭皮に何らかの異変が現れることがあるので、注意深く使用することが大切です。医薬品よりも安全に使用できるのが化粧品の育毛剤です。化粧品は処方箋がいらないので誰でも購入できます。しかし、化粧品の場合効果が出るまで時間がかかります。一ヶ月や二ヶ月では薄毛は治らないので、粘り強く毎日コツコツ使用する努力が必要です。

つけるタイプと飲むタイプ

育毛剤のタイプには、頭皮につけるタイプと飲むタイプがあります。一般的に育毛剤というと、頭皮につけるタイプを指します。お風呂上がりや洗髪をしたあとなどに頭皮につけて揉み込むと、育毛有効成分が浸透します。有効成分には皮脂抑制作用、炎症予防作用、保湿作用、血管拡張作用などがあります。頭皮につけるタイプよりも即効性があるのが、飲むタイプの育毛剤です。飲むタイプには育毛サプリメントと医薬品の2種類があります。ノコギリヤシ配合の育毛サプリメントは、男性ホルモンが原因の薄毛に効きます。医薬品ではプロペシアが飲む育毛剤として世界中で認可されています。こちらも男性ホルモンに働きかけてM字やO字の薄毛を改善する効果があります。